庚申堂

本堂より向かって左手にあるお堂が「庚申堂」です。
このお堂はその昔、山の中腹にあったものを、現在のこの位置に移築したもので、建立の年数は不明とされています。
本尊は青面金剛(庚申さん)で、「病気平癒」・「あらゆる災難の消滅」をはじめとして、「学業成就」や「商売繁盛」、また庚申さんのお使いである「三猿・くくり猿」の霊力により、『猿結び=縁結び』の御利益はいよいよあらたかに、世の人のあらゆる悩みに霊験をあらわしています。

毎年秋には美しい紅葉が庚申堂を彩る

PAGETOP