木山寺、木山神社はもとは神仏習合で、木山宮(きやまぐう)として、多くの人々の信仰を集めてきましたが、明治時代の神仏分離政策によって、木山寺と木山神社に別れました。
ご本尊は、医王の霊薬をもってあらゆる衆生の病気や迷いを救われる薬師如来。鎮守神の木山牛頭天王は薬師如来の化身で、除災招福の大願を成就されています。
善覺稲荷大明神は、ご本地十一面観音の化身で、正徳年間(1714年)京都伏見稲荷より勧請された明神様です、勧請し祀った僧が善覺という名僧で、その徳を称えて善覺稲荷と呼ぶようになりました。
木山寺は、商売繁栄、五穀豊穣、開願成就、交通安全の願いを叶えられ、広く中国各地で崇敬帰依されています。
また、木山寺は中国観音霊場第四番札所として、多くの方々が巡礼に訪れています。

2018年1月12日

福引会陽の御案内

213_1213_2

江戸時代から続く木山寺会陽も以前は西大寺と同じ裸祭りでしたが、近年の警備等の諸事情で、昭和58年からは裸で奪い合うのを止めて受付をして頂け れば誰でも福引形式で、箱の中の駒を引き当てる福引会陽に移行しました。
そのため、老若男女どなたでも参加して頂ける会陽として、喜ばれております。

当日は柴燈大護 摩供も合わせて厳修され、無病息災の火渡り・当日持参して頂ければ古いお札等のお焚きあげも行います。
また、婦人部による甘酒接待、軽食等の販売も行っております。

■日  時 :平成30年2月18日(日)

■行事予定 :午前9時から午前11時半まで ※福引引換え券受付(1人1枚限り)
○午前9時半から   柴燈大護摩供厳修
○午前10時半から   無病息災火渡り
○正午から      修正会大般若祈祷会
○正午から      福引開始

2009年6月22日

四季折々の風景が美しい木山寺

photo_04photo_01photo_02

木山寺は、四季折々の風景が非常に美しい霊峰です。木山の周辺一帯は、郷土自然保護地域に指定されています。
春に桜、夏に蓮、秋に紅葉、冬に雪…、さまざまな表情をみせてくれる風景は、撮影ポイントとしても人気です。

【木山寺 フォトギャラリー】http://www.kiyamaji.jp/photo.html

PAGETOP